収入証明書不要

収入証明書不要のキャッシングやカードローンについて

消費者金融会社は賃金業法という法律で、一定の条件に該当する場合は収入証明書の提出が義務付けられています。逆に銀行カードローンの場合はこの法律の対象外なので、よほど限度額が高くなければ原則的に収入証明書不要で申込みが可能です。

 

消費者金融でも、利用限度額が50万円以下、他の会社との借入額の合算が100万円以下なら、収入証明書がなくても申込みができます。銀行の場合は、銀行によって条件にばらつきがあり、利用限度額が100万から300万円以上を希望する場合は収入証明書の提出が必要になってきます。いくらから必要になるかは銀行によって様々なので、申込みする時に確認するようにしましょう。

 

収入証明書になるものは、源泉徴収票や給与明細書、役場などで発行してもらえる所得証明書などがあります。50万円以内の限度額を希望するなら、消費者金融でも銀行でも収入証明書不要なので、大きな額でなければ、自分のニーズに合った会社を選ぶのが良いでしょう。

銀行カードローンで収入証明書不要となる条件

銀行カードローンにおいて、借入の希望額が一定の額に満たない場合は、収入証明書の提出が不要なところが増えています。これは銀行カードローンのみに留まらず、消費者金融の借入に関しても同じことが言えます。原則として50万円以下の借入希望額や消費者金融の他の会社からの借入合計が100万円を超えていない場合は収入証明書の提出は必要ありません。

 

消費者金融は法律の規制を受けていますので、50万円以上の限度額を設けたい場合は必ず収入証明書の提出が必要になってきます。しかし、銀行の場合は法律の対象外になりますので、それぞれの金融機関によって収入証明書の提出する額を独自に設けているところが多いです。

 

銀行のカードローンは収入証明書不要になっていますが、提出書類が少なくて済むのも利点になっています。申し込みをする際にはなるべく必要書類が少ないと、スムーズに借入を完了しやすいので、この点も銀行カードローンならではになっています。

銀行カードローンなら【収入証明書なしで即日融資可能】

【なぜ銀行カードローンは収入証明なしで借入可能なのか】カードローンの審査では多額債務の社会問題化で2010年6月に改正賃金業法が施行となり、総量規制が実施されました。ですが銀行カードローンは賃金業者とはならないので収入証明書の取得義務は基本ありません。

 

ほとんどの銀行では限度額100万円以下は収入証明書不要となっております。借入額は銀行によって違いますが、オリックス銀行カードローンであれば300万円以下は不要となってます。また消費者金融では他社と合わせた金額が100万円を超える場合も提出義務が発生しますが、銀行カードローンでは他社は関係なくあくまでも自行貸付金額のみが対象となりますので安心です。

 

【収入証明書不要・即日融資可能な銀行カードローン】ご紹介・オリックス銀行カードローン 限度額300万円・新生銀行カードローン 限度額100万円・三菱東京UFJ銀行カードローンバンクイック 限度額100万円・楽天銀行カードローン 限度額200万円

収入証明不要の企業が増えてきている

キャッシングやカードローンを利用する際には収入証明書不要の企業が多くなっており、簡単に申し込む事が出来ます。基本的には限度額が200万円程度であれば収入証明書不要で、そのためにはいくつかの条件が発生する企業も存在します。

 

銀行系であればキャッシング等の際に専用の口座やサービスに加入する必要があります。現在では中小の消費者金融では収入証明不要のパターンが多く、即日融資が出来る所が目立っています。企業によっては300万円以上でも不要の所があり、ネット上で簡単に申し込む事が出来ます。キャッシングを利用する場合は基本的に早く借りたいという人が非常に多く、その為収入証明不要のサービスが出来たといわれています。

 

中小の消費者金融だけでなく、大手の銀行系でもこのサービスはあり、限度額が200万円以内であれば即日融資が可能となっています。金利では利用金額によって変動しますが、200万円から300万円の場合10%で借りれる所がほとんどとなっています。